1月も終わりに近づいていますね

あっという間に、1月も終わろうとしています。そんな1月ですが西紀デイサービスセンターはご紹介したい行事などが盛りだくさんありました。

 

まず、お正月初めに出勤している職員で集合写真を撮影しましたが、集合写真第二弾をご紹介します。

足立理学療法士の笑顔が光っていますね。職員一同元気いっぱいに皆さんをお迎えしています。

そして、1月の恒例行事「新春かくし芸大会」が開催されました。こちらは職員の日頃のレクリエーションや行事を考案したり、盛り上げたりした成果の発表の場のようなものです。

 

では元気いっぱいの若手からご紹介いたします。東京ブギウギです!二人で早くから相談をしたり時間をかけながらも「めっちゃ楽しかったです。」と楽しんで練習をされている様子でした。

ご利用者も音楽に合わせてポンポンを振って下さいました。

 

最後はお手製のくす玉が登場です。「幸多かれ」と垂れ幕が下がり、ご利用者の幸せを願って終了です。

次は、西紀デイサービスセンターの歌姫が登場です。千昌夫さんのような大きなほくろが取れないようにしながら「北国の春」を熱唱しました。

2曲目は口腔体操でお馴染みの氷川きよしのズンドコ節を歌いました。ご利用者がご存じな曲を歌うと一緒に歌ってくださるとの職員の狙い通り、ご利用者も歌ってくださいました。

次に西紀デイサービスセンターで一番の若手の職員が新聞紙アートでご利用者の衣装を着物に変えました。

次はベテランの面白さを披露しました。西紀デイサービスセンター恒例の二人羽織です。顔と手がアンバランスなのは羽織の中に入って手を出しているのが近成副所長だからです。

ペンキを塗る刷毛で綺麗にお化粧をすると・・・・・

こんな風になってしまいました。最後は手が4本出てきてネタバレでした。

 

最後は西紀デイサービス名物獅子舞です。獅子舞は数年前よりお正月に欠かせないものになっています。ペアを組んでいる田中副所長と頼金介護福祉士はさすが息がぴったりでした。

 

いつもは面白い二人もジョークを交えたりせずに厳かな雰囲気で踊ります。

最後はご利用者おひとりおひとりのご多幸を祈りながら獅子舞が皆さんの頭を噛んいき終了です。

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。西紀デイサービスセンターでは元気いっぱいの職員が今年もご利用者の皆様やお客様をお迎えします。

 

 

今年は年始に出勤している職員で写真を撮りました。最初の写真はいつもより静かな雰囲気となりましたので

 

カメラマンが「いつもの元気いっぱいの雰囲気がでてないな~西紀デイサービスセンターの職員らしさが出ているポーズでお願いします。」と声掛けをするとこのような写真が撮れました。

 

みんなでワイワイ言いながら写真撮影も西紀デイサービスらしさが出ていると思います。

自らが元気でパワーに溢れていてこそ、ご利用者の皆さんを元気いっぱい迎えられるのだと思います。これからも、元気いっぱい皆様をお迎えいたしますのでよろしくお願いします。

 

新年の玄関には、年始にご利用者の皆様が協力し合って作られたかわいい虎が飾られています。

毎年恒例、田中副所長の門松や中庭に咲いている花、今年の願い事を書かれた絵馬などでが飾られています。

 

「玄関にいっぱい飾ってくれたんやね~ありがとう」と、ご利用者にもとても喜んでいただくことが出来ました。

 

 

 

 

お正月準備はバッチリ

西紀デイサービスセンターでは、お正月の準備が、ご利用者に手伝って頂きながらすすんでいますのでご紹介します。

 

 

毎年、ご利用者にお正月を感じて喜んでいたきたいとの思いで田中副所長が門松を作ります。今年は洋風の門松だそうです。お花紙で作られている葉ボタンが素敵ですね。

年始はこの門松が皆さんをお迎えしますのでお楽しみに♬

 

次に今年の年賀状を担当してくれた宮本介護職員です。手先の器用な宮本さんは、西紀デイサービスセンターの折り紙担当に就任です。

 

今年の干支トラがとっても可愛いです、これは製作途中ですので、お渡しするときにはもっと豪華に一富士二鷹三茄子の縁起の良いものも並んでいます。

 

そして、毎年恒例の絵馬を担当した頼金介護福祉士は破魔矢と絵馬をセットにしたものを手作りで作成しました。

 

 

皆さんの願い事が叶いますように頼金さんが祈りを込めています。

西紀デイサービスセンターでは「なんか仕事頂戴~」と言ってくださる助っ人が数人いらっしゃるので破魔矢セットもご利用者ご協力のもと、が素早く完成しました。

 

現在は、ご利用者に願い事を書いていただくように頼金さんがお声掛けをしております。

 

皆さんそれぞれに絵柄や水引も選んでいただき完成されたこだわりの破魔矢セットです。

 

 

中野介護福祉士はお正月の壁飾りを考案しました。玄関で皆さんをお迎えするときに明るく縁起のいいものをと明るい色あいで工夫を凝らしています。

 

宮﨑介護職員は、ご利用者と一緒に巨大鏡餅を作成しました。お餅の中身は新聞紙です。明るい宮﨑さんは、ご利用者と一緒にとても楽しそうに作業をしておりました。

 

 

あっという間に完成しました。

梶原介護福祉士は春が待ち遠しい皆さんにウグイスの壁飾りを作っていただいていました。春が待ち遠しいですね。

 

 

近成副所長は来年の干支の虎をご利用者と一緒に制作中です~一番大掛かりな制作ですが近成副所長の抜群の声掛けでどんどんすすんでいます。

 

以上のお正月の製作が玄関で皆さまをお迎えしますので楽しみにしておいてください。

西紀デイサービスセンターのおやつ週間

西紀デイサービスセンターでは、月に1度のおやつ週間を設けており、1週間、毎日職員が手作りのおやつを作ります。おやつ週間の週は皆さん笑顔です。

 

食べやすくてのどの通りも良いものをお出ししたい、普段召し上がられるおやつもお出ししたいし、普段召し上がられないような物もお出ししたいと職員も色々と考え抜いています。

 

そんな、職員手作りのおやつですが、まず、サツマイモの茶巾絞りです。「やっぱり芋は美味しいね」となじみのある味に皆さんほっこりされていました。

次にみたらし団子です。タレが美味しいと好評でした。

そして、意外と人気なのが、おかず系の、おやつです。今回は、小さなお好み焼きでした。以前からおかず系おやつにピザや肉まんなどを作っておりますがリハビリの後に小腹がすくから美味しいと好評です。

 

そして最後はおやつの王道ミルクレープです。チョコレートソースにバナナ、生クリームが入っていて言わずもがな美味しいの大合唱でした。

そして、おやつ週間が終了しても、生クリームが余ったらウインナーコーヒーにして召し上がっていただきました。

 

来月のおやつの担当者も皆さんの「美味しい!」の声が聞きたくてメニューを考えています。来月は、ゴマ団子がメニューにあるようです。皆さんお楽しみに♪

ボランティア様ありがとうございます。

あっという間に12月になりました。月日の速さに驚きですね。西紀デイサービスセンターへ来てくださるボランティア様をご紹介したいと思います。新型コロナウイルスの感染防止対策などもありボランティア様に来ていただく機会が少なくなっていましたが

 

西紀デイサービスセンターでは、数年前から職員の知り合いの方にボランティアに来ていただいていいます。12月は今年の締めくくり、ボランティア様に来ていただいて盛り上がりました。では、お馴染みの西澤さん手品です。

 

 

西澤さんの優しい人柄で和やかな雰囲気で手品を見ていただけました。西澤さんの笑顔を見ていると楽しんで手品を披露されいる様子が伝わってきますね。

次に、職員の心やすいご近所さんです。勘太郎月夜や大利根月夜の曲に合わせて男踊りを踊つてくださいました。勢いのある元気な登場姿に、皆さん釘付けになられました。

「職員さんの劇やらも嬉しいけど、ボランティアさんも良いものや~」「楽しませてもらいました」と大変喜んでいただきました。

 

次に、ハーモニカボランティアの毛利さんをご紹介します。今年の中ごろから毎月、ハーモニカの演奏に来ていただいているのですが、ご利用者が好きな唄をよくご存じでいろんな趣向を凝らしてくださっています。

パソコンやスクリーンを駆使し趣向を凝らしてくださるので職員顔負けの演出です。

歌詞カードも配ってくださりながらもスクリーンに映像付きの歌詞が出るという至れり尽くせりの演出です。

毎月、打ち合わせにも来ていただき、以前の振り返りもしながらの熱心なボランティア様です。これからも楽しみにしています。

 

 

 

恐竜のまちへ

11月に入りご利用者も職員も待ちに待った?ドライブに行っていただきました。写真が少ないのですが…丹波市山南町にむけて出発です。

 

まずは川代の3つのトンネルをくぐり「元気村かみくげ」の隣の恐竜公園へ職員が車両と比べて写真を撮るとこんなに大きさが違いました。

 

 

恐竜が大きすぎて一つの写真に収めるのはなかなか大変だったようです。原寸大の恐竜と説明すると皆さん大きすぎると驚いて車の中から覗きこまれていました。

 

 

次に、たどり着けなかった日もあったようですが「ちーたんの館」にて建物から突き抜けている恐竜にびっくり!

「あんな大きな恐竜が来たらどうしましょう?」と大笑いをされた方もありました。

次に大きな工場、兵庫パルプ工業の大きさにも圧巻!

円応教とミニストップも超えて

山南町の井原南の交差点を右折し井原の交差点を右折、山南町井原にある日吉神社のきれいな銀杏の木を眺めてぐるりと丹波篠山市まで帰ってきました

色づく山並みを車窓から眺め景色も楽しめましたが楽しく会話もされていました。トンネルが開通丹波市山南町までが近く感じました。

消防訓練

9月29日に消防訓練を実施しました。あらかじめ、ご利用者にも大きなベルが鳴ることや外に避難することなどを説明しました。初めて訓練に参加するご利用者が数名いらっしゃり念入りに説明をしました。

 

事前に、職員も工程表などで訓練の流れを各自確認しスムーズな流れで訓練が行われるように準備しました。初期消火の係りの職員も、初期消火の動作がすぐに出来るように練習をしていました。

 

 

職員が火事を発見し「厨房から火事です!」と、他の職員に伝えたことから消防訓練がスタートしました。火事の発生を聞いた職員が火災報知器のベルを鳴らします。

 

ベルの音を聞いてから、ご利用者に避難を促し玄関外まで誘導しました。とっても館内が広い西紀デイサービスセンターですが慌てず安全にを心掛け避難誘導をしました。

ご利用者にも、ご協力いただき、スムーズに避難していただくことが出来ました。所長がご利用者の人数を点呼しその日のご利用者27人を確認させていただき避難完了です。

避難訓練ということで、口元にハンカチをあてて避難してくださった方もありました。

避難訓練を終了後に所長が職員へ「災害時対応指針」の研修を行いました。西紀デイサービスセンターは他の事業所と違い西紀老人福祉センター内にデイサービスセンターがあることから災害時は地域の方々の避難所となります。

 

ですので、危険領域ではなく安全な場所といえるようです。また、避難所に設定されているので地震や風水害発生時に避難所に移動する必要の無いことが他の事業所との違いです。

 

ただし、紀洋会の他の事業所が避難が必要な場合は応援要請があれば職員1名が応援に行くことになっています。また、火災時や災害時に他の事業所に応援要請ができるので安心です。

 

ギャラリー西紀

今回は西紀デイサービスセンターの様々な手芸をご紹介します。まず、玄関に飾っている作品がこちらです。

月見ウサギの壁飾りです。今年の中秋の名月・満月はとても天気が良かったので、とっても綺麗にお月様が見れましたね。この壁飾りも本物に負けず劣らずとっても綺麗です。

 

次に、ウエルカムボードも作っていただきました。パッチワーク風に布を貼り合わせてクラフトペーパーで文字を形どりました。好きな布をそれぞれに選んでいただきました。

 

布を選ぶときにとても悩んでいらっしゃる方もあれば、ささっと決断される方もありました。「服やったらこんな派手なん着られへんけど、手芸なら、似合うかどうか考えんでもいいから好きなん選べて楽しい」とおっしゃられていました。

玄関ホールに入られて直ぐの飾り棚にはクラフトペーパーで作った、とても可愛らしい籠が飾ってあります。クラフトバンドと布を合わせていらっしゃるのが楽しそうでした。

 

お次は壁面の布草履と携帯、杖に付けるストラップです。布草履はほとんどの方が昔編んだことがあるとおっしゃられ、編み方を覚えていらっしゃいました。

 

これらの作品の講師はもちろん、西紀デイサービスセンターの職員です。西紀では、講師の先生をお招きせずに職員が講師となり手芸をしています。

 

ご利用者、お一人お一人の好みや、得意なことや少し苦手と思われていることを念頭におきながら、一緒に手芸をさせていただけるのが、職員が担当する良さではないかと思います。

 

こちらの作品はアレンジがとっても得意な方が作られました。ウサギもご自宅で作り持ってこられました。猫もとっても可愛らしいですね。

 

この作品はとても若々しい作品です。カントリー風になり、とってもセンスが若いですね。「おばあさんやからゆうて、地味な布を渡さんといてよ~」と笑っていらっしゃいました。

 

作品に取り組まれているご様子を紹介すると、作られているときは皆さん真剣そのものでとても集中されています。また、作りたい気持ちのスイッチが入られ意欲的になられると「この次はどうしたらいいの?」「ボンドが足りなくなった」などと職員を自ら呼んでくださいます。

 

時にはご利用者が熱心に取り組んでいらっしゃるので入浴を誘いに来た職員が気を利かせて順番を遅らせてくれることもあります。

 

布草履は、足に履けるサイズのものを編まれた方もあれば、ミニチュアバージョンで小さなものを作られた方もありました。草履は縁起がいいものらしく「こけへんお守りにするわ~」とおっしゃられていました。

紐が動くので持ち役と編み役になり、2人で編まれるかたもありました。

ストラップは紫色が人気でした。クラフトバンドだけで作られた方と布とクラフトバンドを組み合わせて作られた方がありました。

 

早速、カバンや服、杖、携帯に付けていらっしゃる方や

 

「お揃いができたね~」とお互いに喜び合っていらっしゃる方や、2つ作って1つは息子のお嫁さんに渡された方もありました。

 

 

職員が講師をしているので、家に持ち帰られた後のご家族の反応や気に入って使っていらっしゃる様子が直ぐに伝わります。これからも職員がご利用者と一緒に様々な手芸に挑戦していきたいと思います。

コミニュケーションについて

デイサービスセンターは、以前からご利用されているご利用者の中へ、新しいご利用者が参加され雰囲気に馴染まれた頃に、次の新たなご利用者が参加される事の繰り返しではないかと思います。

 

簡単に言ってしまうとそれまでですが、やはり慣れられるまでには1カ月~3カ月ぐらいかかられるように感じます。私たち、職員も新たなグループに入る際には慣れるまでは緊張したり、普段より疲れてしまうのでそれと同じではないだろうかと思います。

 

女性の方が初めて来られた際に緊張されている場合などは和んでいただくために手芸などにお誘いすると(手芸が好きと情報をいただいている場合)少し和まれるように感じます。

西紀デイサービスセンターの職員は新たにいらした方に各自、自己紹介をして話しかけていく職員ばかりで、名前を憶えていただいたりしてコミュニケーションを図るようにしています。

また、話だけをしていたら質問攻めのようになってしまうので話をしながら手芸をしているほうが会話も盛り上がるように感じます。話していくうちに職員をご自身のお孫さんや娘さんと重ね合わせてお話をされ、「娘は大阪にいます。」「ひ孫が大学生で」などとお話ししてくださいます。

 

ついつい世代が違うよりも同世代の方が会話しやすいのかと思いがちですが、違う世代であっても家族や親せきの方と重ね合わせてお話をしてくださる方がほとんどです。そうやって職員はコミュニケーションを図る努力をしているのですが

 

最近、利用を開始された男性でとってもコミュニケーションを図るのが上手な方がいらっしゃいます。「皆さんと交流しに来ました。囲碁も将棋もなんでもコミニュケーション!楽しみましょう」とおっしゃられ積極的にいろんな方にお声をかけてくださっています。

 

囲碁や将棋以外にも似顔絵をお描きになるのがお上手でご利用者の似顔絵を描いてくださりプレゼントしてくださいました。

描いてもらわれた方がお喜びになり「描いてもらったよ~」とおっしゃられると「私の顔も描いてくれてん?こんな顔でいいの?」と謙遜、遠慮されながらも

 

順番待ちの列まで現れて大人気になりました。自分の顔を描いてもらっている時のみなさんのすまし顔がとっても可愛らしかったです。

 

あまりにお上手なので「あの方は絵描きさんですか?」とおっしゃられる方もあるほどでした。

どの型の似顔絵も特徴を上手くとられておりほっこりするような暖かい絵でした。

「恥ずかしいけど似てるわ~」とおっしゃられていました。

男性ご利用者の過ごし方

他のデイサービスセンターでも、男性のご利用者より女性のご利用者のほうが多いように聞いており、西紀デイサービスセンターでも同様に男女の比率としては女性のご利用者が多いです。

 

 

ただ、ここ数年間を考えてみると、数年前には男性のご利用者がいらっしゃらない曜日があったり、いらっしゃるとしても1~2名程度でした。現在は、曜日によっては女性17人、男性14人のように、ほぼ同様の比率の日があります。(この人数が固定ではなくたまたま、お休みのご利用者などがありそうなった人数です)

 

 

そんな、男性がたくさんいらっしゃる日のご様子をご紹介したいと思います。男性のご利用者は新聞をご覧になったり、テレビをご覧になったり、数独を解かれたり静かに過ごされているイメージがあるかもしれません…しかしながら西紀デイサービスセンターでは職員の声が、かき消されるほど男性のご利用者の話が弾んでいる曜日があります。

 

現在、男性ご利用者の間で囲碁と将棋のブームが巻き起こっております。きっかけは、新しく来られたご利用者と以前からご利用されているご利用者が世間話をされていて「しゃべっとらんと、囲碁でもしよか!」「囲碁は、どこにある?」と急に盛り上がられたのがきっかけです。

 

 

ご自身で、探しに行かれる勢いなので、慌てて職員がホールに囲碁の準備をしました。すると以前からのご利用者も「囲碁ならやりたい」とおっしゃられホールで囲碁大会が開催されました。

最近では「将棋もやってみようか?」「何でもチャレンジや!」「勝ち負けやないやることが大事なんや」と盛り上がっていらっしゃいます。

囲碁に将棋は「忘れてしもたから、出来へん」と言いながら勝負を観戦する派の方もいらっしゃいます。もうしばらく観戦を続けていらしたら挑戦してくださるのかなと職員が見守りをしています。

 

また、囲碁の相手がご利用者でいらっしゃらない時には介護事業部から応援に来てくれた、後介護職員に声をかけて誘ってくださいました。

 

 

では、無口でシャイなご利用者はいらっしゃらないのかな?静かに過ごされたい方は?と心配される声もありそうですがそんな方はデイルームで穏やかに過ごされていてます。

 

西紀デイサービスセンターはフロアーが広いのでデイルームは比較的静かに過ごされている方が多く、手芸をされる時や囲碁・将棋をされる時はホールで過ごされています。ご様子に合わせて職員がデイルーム・食堂・ホールを使い分けています。