令和元年・丹波篠山市誕生イベントに行ってきました。

元号が令和に代わりました。市名も新たに変更され丹波篠山市になりましたね。

 

5月1日の節目の日に丹波篠山市誕生イベントに希望の方と職員で参加して来ました。

 

 

甲冑を着た青山藩の武士お2人と記念撮影していただきました。

 

令和をお祝いし「れいわ」の掛け声に合わせて輪を作って記念撮影をしました。

丹波篠山デカンショ館にでの様子をご紹介します。

 

令和と丹波篠山市をお祝いし、ご利用者も被り物にも挑戦してくださいました。

ご利用者の中には「大正、昭和、平成、令和といろんな時代を経てきたわ」と感慨深く話されている方もありました。

 

氏名変更のことについても「多紀郡が篠山市になり今度は丹波篠山市になって時代は移り変わったなぁ。」などと感想をおっしゃられていました。

特別感謝状が贈呈

令和元年5月1日(水・祝)

 

丹波篠山市誕生・市政20周年記念式典が田園交響ホールで開催されました。

 

故 岡本信洋前理事長に、丹波篠山市から特別感謝状が贈呈され、岡本のぶ子理事長が受領しました。

 

酒井隆明丹波篠山市長と岡本のぶ子理事長

 

贈呈理由

医療法人社団 紀洋会 理事長として、地域医療の礎を築かれ、市民の健康増進と地域医療の発展に多大なる貢献をいただいたご功績は誠に顕著である

特別感謝状

西紀デイサービスセンター  春は名のみの風の寒さや

3月に入りずいぶんと暖かくなってきましたが寒暖の差が大きく体調不良のかたもあるようです。

 

 

3月半ばに入り中庭の山椒の花が咲くころになりました。

 

 

ここで西紀デイサービスセンターよりお知らせがあります。

 

これまでは、細見ゆかり作業療法士が行っておりましたが3月より足立典行理学療法士が行っております。

「初めまして‼岡本病院に入職し、3年間病院勤務をしておりました。

この度、西紀デイサービスセンターの担当をさせていただくことになりました。

足立典行と申します。私は身体を動かすことが好きで趣味はスポーツジムに通うこ

とです。また、音楽が好きで学生時代はバンドをしていました。

好きなバンドのコンサートやライブに行くこともあります。

私には理学療法士として、利用者様に住み慣れた地域で安心して生活を送っていた

だきたいという願いがあります。利用者様の名前と顔を早く覚え、心身ともに支援

出来るように努めてまいりたいと考えています。

どうぞよろしくお願い致します!」

ご利用者に向けたメッセージを頂きました。

次に3月のおやつを紹介します。まずは、三食わらび餅です!

皆さんそれぞれに「私が練ましょか?」「僕が取り分けるわ」

などと分担しながら作業されていました。

手早く三色の綺麗なわらび餅が完成しました。

美味しくいただいていただきました。

次は春らしいお菓子の桜餅です。

綺麗にあんこを丸めて

ご飯に色粉をまぶして練り上げます。

 

ピンク色のご飯を見て「わー綺麗や~」と歓声を上げておられました。

これからも食べやすくおいしいお菓子を作っていけたらと思います。

お楽しみに。

節分行事:悪~い鬼に気を付けて

今年の節分行事は、例年と違い、鬼退治と一緒にオレオレ詐欺などの啓発活動を行いました。

 

桃太郎扮する警察官が悪~い、鬼2人組の詐欺軍団からご利用者を守るというストーリーで行いました。

桃太郎刑事が西紀デイサービスセンターを巡回しに来ると

 

悪~い鬼登場です。

 

あおり運転をしながらやって来て、ご利用者に「なにかくれ~」と声を掛けます。

 

鬼が詐欺行為などをするたび、桃太郎刑事がやって来て「これは、あおり運転と言ってしてはならないことです」などと説明しました。

 

次は、ご利用者の手を無理やりベビーオイルでマッサージし

 

「あら、奥さんすべすべになった~~高級化粧品を今なら格安で販売します」

 

と安いオイルを高い価格で販売しようします。

すかさず、桃太郎刑事が「これは訪問販売詐欺です。」と説明し助けに入りご利用者を守ったのですが鬼が詐欺とばらされた事に腹を立て

ご利用者を人質にして大暴れです!

最後は桃太郎刑事に説得され

見事御用になりました。

最後に100才のご利用者を道連れにしようとして最後まで往生際の悪い鬼でしたが、逮捕されてめでたしめでたしです。

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

職員一同、ご利用者の健康とご多幸をお祈りするとともに笑顔があふれる、西紀デイサービスであるように努力精進していきますので

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

西紀デイサービスセンターではお正月も西紀馴染みの、手作りの小道具を沢山使用してご利用者をお迎えいたしました。

 

 

まず、玄関ホールに手作り門松を飾りました。プリザーブドの松とお花紙の葉ボタン、折り紙で扇を作り植木鉢に寄せ植え風にアレンジしています。

 

 

 

数名の方と記念撮影をしました。

 

 

 

ご利用者それぞれの年始の利用日には、職員手作りの年賀状をお渡しし新年の挨拶を交わすのが恒例になっています。

 

 

ちなみに今年の年賀状は今年の干支である猪や、扇を折り紙で作り貼ったものでした。

 

 

猪の猟をされていたご利用者に猪の折り紙をお見せすると笑いながら受け取っていただきました。

 

 

年始の営業日の4日にはお正月行事を行いました。

 

 

お馴染みの獅子舞が登場しご利用者の無病息災を祈りました。もちろん、手作りの獅子舞です。

 

初笑いをしていただけたのではないでしょうか?

 

 

また、年始も元気一杯の職員のパワーをご覧いただけたと思います。

 

 

お正月のお忙しい中、早速、今年最初のボランティアさんにお越し頂きました。

 

 

丹波市のさくら会と言うグループさんで安来節などの舞踊を披露して下さいました。

 

 

 

 

お正月にピッタリの華やかな踊りをご利用者は真剣にご覧になっておられました。

 

 

百歳のご利用者は「主人が安来節が十八番でお酒の席などで披露していたのを思い出しなっかしかった」と喜んでいらっしゃいました。

 

 

年始からボランティアさんにも来ていただいて賑やかで楽しいスタートになりとても喜んでいただきました。

 

 

 

 

 

平成最後のクリスマス

最近、平成最後の◯◯と言うのが流行っているようなので西紀デイサービスセンターでも使用してみました。

 

 

平成最後のクリスマスは力を注ぎました。

 

 

まずは、子育てグループ「こぶた」さんに招待していただいて「四季ORIORI」様の木管楽器の演奏を聴かせていただきました。

 

子どもさんが好きなアンパンマンマーチなどの元気な歌から始まり

 

 

 

 

 

クリスマスソングでは綺麗な音色にうっとり

 

 

入浴の時間と重なっていたので少人数でお邪魔しました。

西紀デイサービスセンターでもクリスマスの行事を盛り上げるために

 

被り物を作成しました。

平成最後のクリスマスに相応しいサンタクロース🎅が来て下さいました。

 

うちの事業所で一番背が高い所長よりも背が高く職員も大興奮でした。

 

 

 

西紀デイサービスもひげダンスなどを披露してサンタをお迎えしました。

 

サンタクロースからは一人一人にキャンディーのプレゼントをいただきました。

いくつになっても、サンタクロースの登場は嬉しくなりますね。

平成最後のクリスマス、とても盛り上がりました。

 

実はサンタクロースの正体は、ハロウインの時季にボランティアで来てくださる

 

カナダ出身の秋田さんでした。

 

偶然、西紀老人福祉センターに高齢者大学、丹南学園の方がいらっしゃっていたので

 

 

十分程度でしたが一緒に参加していただきました。

 

「デイサービスがどんなところか知らなかったですが、とても楽しく、元気をもらいました。」と言っていただきました。

 

 

ボランティアさんにお越し頂きました。

今年も残りわずかとなってきましたが

 

 

西紀デイサービスセンターは元気いっぱいに過ごして頂いています。

 

 

 

11月には毎年恒例、西紀音頭保存会様にお越しいただきました。

 

 

 

 

職員も西紀音頭の踊りの輪に入らせていただきました。

 

職員も毎年ご一緒するのでだんだん上手になってきたかなと思われます。

 

男踊りも披露していただき、ご利用者は拍手喝采でした。

続いて、12月に入りホットシスターズ様がハーモニカの演奏に来てくださいました。

自己紹介もユーモアたっぷりに、歌に合わせて一緒に手を動かしたりと工夫を凝らして考えていただいておりました。

デイサービスの職員も頑張ってレクリエーションをしておりますが

 

ボランティアさんにお越し頂くと「お客さんが来てくれたった!」などと新鮮な風が吹きます。

 

 

本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 

つまみ食いツアー2018

昨年、好評であった「つまみ食いツアー」へいってきました。去年は篠山市内でしたが今年は丹波市春日町まで行って来ました。

 

黒豆の館諏訪園➡舞鶴若狭自動車道・丹南篠山口ICから高速に乗り➡西紀SA丹波おばあちゃんの里へ行って来ました。

 

黒豆ソフトクリーム、黒豆ケーキ、黒豆パン、どら焼きなどを少しづつみんなでつまみ食い程度に、飲み物と一緒に召し上がっていただきました。

 

 

お出かけ前に作業療法士の指導のもと、リハビリも行いました。

 

 

バスへの乗車がスムーズに出来るようにと場所を玄関ホールに変更し元気いっぱいにリハビリをされておりました。

 

 

リハビリとトイレ休憩を済ませたら、 さぁ、バスに乗り込んで出発です!

 

各施設に到着すると、ご利用者にはバスの中でお待ちいただき、職員代表がお店で人気のお菓子を買いに走ります。

 

 

そして、お菓子をバスに持ち帰りおやつを切り分け皆さんにお渡ししていきます。

 

 

 

こんな風に車内で召し上がって頂けるので雨が降って濡れる心配もバスの上り下りの心配もありません。

 

 

 

 

お腹いっぱい召し上がって頂いたら帰りは、蒸しタオルをお顔にあててリラックスタイムです。

 

紅葉もとても綺麗な時期でしたので窓の外の景色を眺めたりしながら1時間半程度のバスの旅を楽しんでいただきました。

 

お菓子の一番人気は黒豆ソフトクリームでした。一番最初に食べて頂いたのに印象が強かったようです。

 

嬉しいことに「「つまみ食いツアー」が楽しかったので」と2名の、ご利用者が短歌を作って来てくださいましたので紹介します。

 

デイサービスのお出かけぞ わが生きの日まで かくも楽しき   せい

それぞれの銘菓いただき なごやかなバスの旅なす 紅葉の里を

わが里を通り抜けいる 高速道の 長きトンネルに 驚きており

幾曲りもなせし峠の 整備され車酔いなく 帰り来たれり  多美子

 

今年も残り2か月になりました。②

やっと涼しくなってきた10月からの行事を紹介します。

 

 

10/8~12までは運動会でした。

 

 

西紀デイサービスの運動会と言えば紅白対抗「スプーンで物渡し」が名物です

 

苦手な方は職員が手伝いながらしていただきました。

勝利の瞬間は思いっきり喜び!!楽しんでいただいただきました。

 

 

応援合戦も元気いっぱい!

西紀デイサービスセンターの運動会には昭和の大スターがご来賓来てくださいました。

 

まず、風店の寅さん。

次に水前寺清子さんです。

写真はありませんが、「やすきよ」や石原裕次郎さんも登場しました。

 

身体を動かしたり、笑ったり、歌を唄ったり賑やかな運動会でした。

 

10/25の午後からは消防訓練を行いました。

 

 

厨房から出火したことを想定し玄関まで避難していただきました。

 

 

皆様にご協力いただき速やかに避難訓練を行うことが出来ました。

そんなこんなで8月~10月の終わりまでの様子を紹介しました。

今年も残り2か月となりました ①

今年の夏は猛暑でしたね。西紀デイサービスセンターのご利用者からも

 

「毎年こんなに暑いけ?」「いつになったら涼しなるんやろ?」「暑いなぁ~それしか言えへんわ」なんて声をたくさん聞きました。

 

そんな猛暑の夏から、暑さも緩んだ初秋の行事を振り返っていきます。

 

少しでも涼を感じて頂こうと数年ぶりにそうめん流しが復活しました!

 

8/13~17までそうめん流しを楽しんでいただきました。

 

運転手さんと副所長で協力し作成した竹の中を水とそうめんが流れていきます。

「お腹いっぱいやけど取りたい!」そんな気持ちで懸命にすくった方が多かったようでした。

 

すくえた時の皆さんの嬉しそうな顔が良かったです。

 

続きまして残暑厳しい9/17~21は敬老の日週間でした。

 

お馴染み、西紀デイサービスセンター劇場‼

 

職員が「愛染かつら」の劇をしました。

 

看板女優のTさんとYさんが浩三と、とし子のラブストーリーを好演しました。

 

写真は名場面、浩三のエアーピアノの弾き語りと愛の告白のシーンです。

沢山笑っていただきました。

続いて9/29(土)西紀ふれあい祭りを行いました。

 

台風接近に伴いあいにくの雨でしたが今年度より舞台を室内玄関ホールに変更していたので

 

屋台なども玄関スロープの屋根の下に設置し大勢の方にご来場いただきました。

 

 

予定が合わなかったご利用者もありましたが例年より多くのご利用者に参加していただきました。

今年はメロマン室内管弦楽団様に演奏していただきました。

 

玄関ホールに響き渡る弦楽器の音色が素晴らしかったです。

 

お馴染み、唄うビーンズ様の童謡も秋の歌が盛りだくさんでした。

ラストはやはり、西紀音頭保存会様。ご利用者、当施設の職員、地域の方々も一緒に総踊りでした。

ボランティアの寺本様にリラクゼーションマッサージをしていただきました。

ご利用者やご利用者の家族の方のマッサージをしていただき、「リラックスした」「気持ちが楽になり主人の介護の事を相談までした」などと大好評でした。

 

室内で開催したことにより一体感があり、いつも以上に盛り上がったように感じました。