ふれあい看護体験受入れ

ふれあい看護体験は『看護の日』の記念行事の一環として、見学や簡単な看護体験、関係者との交流などを行うイベントです。

実際に体験することで看護師の仕事を知ってもらい、職員との関わりを通して高校生等将来の仕事として考える機会となることを目的に、今回看護部として体験者の受け入れを行いました。

8月1日と8月4日の2日間、計5名の高校生に、看護の活動現場の実際にふれてもらい、看護職への理解と関心を深めてもらいました。

↑血圧測定の見学中

 

岡本病院HP担当

 

平成29年度 第1回 医療安全研修会開催

 

6月29日(木)

全職員を対象に、「平成29年度 第1回 医療安全研修会」を開催しました。

医療安全管理に関する基本的な考え方、事故防止に係る具体的な手法など周知徹底するものであり、職員の安全管理に対する意識を向上させることを目的としています。

 

岡本病院 HP担当

トライ・やるウィーク受入れ

篠山市内の中学2年生が、地域に学ぶ「トライやる・ウィーク」として、市内の事業所で、自分の希望する職種を体験しています。

 

当院でも5名、院内託児所「ぽっぽ保育園」に2名の中学生が、看護・検査・リハビリ・保育の職種の体験に来ています。

 

6月5日(月)から始まり本日が最終日です。

「働くことの大変さ」と「働くことの喜び」を感じてもらえる一週間となったことと思います。

<写真>

おくちのたいそう ~おいしくたべよういつまでも~

映像を観ながら入院患者さんと一緒に”お口の体操中”

 

岡本病院 HP担当