青空の下で奏でる音楽&手洗いも楽しんで

コロナウイルスの影響で、様々な規制がかかる中、日々頑張っておられる皆さんにエールを送りたいと法人の音楽療法士がキーボードとフルートを手にお昼のひと時咲楽荘前で音楽を奏でることにしました。

5月20日は2回目となる野外コンサート。演奏される曲「365日の紙飛行機」や「上を向いてあるこう」など。通りすがりの職員も太鼓やマラカスで飛び入り参加しながら、あっという間にお開きに。さてさて、岡本病院や咲楽荘、ひまわりの中まで聞こえたらいいなと思いながらの演奏でしたが、みなさんの心まで音楽は届いたでしょうか。開催は天候などを見ながらの不定期開催です。リクエストも受け付けてくれるようですよ。

そんな音楽療法士が先日、咲楽荘で行われた感染防止の職員研修に触発され、ご利用者おなじみの曲で替え歌手洗いソングを作りました。音楽療法の時間に、この歌で手洗いのポイントを覚えてもらっています。歌いながらだと手洗いも楽しくできますね。日々の手洗いをしっかりし、感染予防に努めましょう!

フキナリエ・明日へつなげるウィンターコンサート

岡本病院は丹波篠山市の東吹という地区に所在地があります。

その東吹の「上」「中」自治会では、先人から受け継いだ大切な歴史資産を活用し、地域コミュニティの活性化につなげようと、地域住民から資材を募り、平成28年から毎年12月に、東吹上公民館前に手作りのイルミネーションの点灯をしています。

 

東吹上・東吹中の地域は「フキ」と呼ばれており、神戸の「ルミナリエ」にならい、地元の方は「フキナリエ」と呼んでいます。

今年は地域コミュニティーの活性化に加えて、世代間の交流を進めるため、地元の事業所の支援を得て、「明日につなげるウィンターコンサート~東吹八幡神社に響くジャズ&懐かしのメロディ~」も開催されました。

篠山チルドレンミュージアムより3名の演者が、誰もが知ってる曲「サンタが街にやってくる」やジャズのスタンダード曲「A列車でいこう」など10曲以上を演奏。手品や、美空ひばりさんの声のモノマネもあり、大人も子どもも世代を超えて楽しめるコンサートとなりました。

 

夕暮れが深まると、一段と寒さが増しましたが、ジャズのメロディーが心地よく、1時間のコンサートは盛大な拍手のもと、終了しました。

岡本病院職員・併設の咲楽荘職員も、こちらのウィンターコンサートにお邪魔させていただき、地域の方々とひと時を共有させていただきました。

 

 

いくつになってもチャレンジ介護体験!

今年もやります!いくつになってもチャレンジ介護体験。

今回は介護職体験コースとケア・アシスタントコースの2コースをご用意しました。ぜひ、この機会に新しい一歩を踏み出してみませんか?

締め切りは12月2日(月)ご参加お待ちしています

 詳細は こちらをクリック☆

第12回和・輪・話のまつりは天候不良により・・・ 

本日(7月20日)開催予定の和・輪・話の祭りは天候不良により、屋外での祭りは中止とし、館内でご入所者とそのご家族対象のミニ夏祭りに変更させていただきます。

楽しみにされていた皆様申し訳ありません。また来年の祭りを楽しみにお待ち下さい。

いくつになってもチャレンジ介護体験!

年2回企画している 「いくつになってもチャレンジ介護体験!」今回で8回目を迎えます。まだ、介護職にチャレンジしてみたい方、もう一度頑張ってみたい方、ちょっと興味のある方など、皆様のご応募お待ちしております。

詳細は こちらを クリック☆

芋掘り~咲楽荘収穫大会~

秋といえば実りの秋!

本日は咲楽荘の畑にて芋掘りを行いました。
まずは地面の上に生えているツルを綺麗にしてから、芋掘りスタート!
今年も綺麗で立派なさつまいもがたくさん収穫出来ましたよo(・`∀´・)!
皆さんいきいきとした表情で「上等なんが穫れたなぁ」と笑っておられました。

さつまいもはもっと甘くなるようにしばらく熟成させるそうです。楽しみですね!

(相談員 鶴野)

サマーフェスティバル!!

 

 

先週8月9日水曜日、咲楽荘3Fスペースにてサマーフェスティバルが行われました。

今回は篠山市味間認定こども園の5歳児の皆さんにお越しいただき、かわいい歌やダンスを披露していただきました。

 

「しあわせなら手をたたこう」の歌に合わせて、園児の皆さんと利用者様が手をたたいたりほっぺたを叩いたりと、とても賑やかなひとときとなりましたよ(o^^o)♪
中には園児のみなさんと一世紀ほど年齢の差がある方も入所されています。世代を越えた交流に、胸が温かくなりますね。

 

 

(相談員 鶴野)

 

 

 

第10回 和・輪・話の祭り

7月22日、岡本病院駐車場にて夏祭りが行われました。

天気は快晴、まさに夏まつり日和の中、舞台上では様々な演目が披露され、その周りではたくさんの屋台が立ち並びました。

 

 

 

もちろん、咲楽荘利用者様もご家族と一緒にお祭りに参加していただきました(`・ω・´)

咲楽荘には様々なお食事形態の方がおられます。ですので、お祭り前にご家族に集まっていただき事前説明会を開き、その方に合ったお祭りのお食事を楽しんでいただきました。

利用者様が普段どのようなお食事を召し上がっているか知っていただく機会でもあり、ご家族の中には「普段こんな風に食べているんですね、知りませんでした」と驚かれる方もいらっしゃいました。

 

舞台でも、有志の団体様による踊りや歌の他、篠山市長ササグロー、まるいのが恋ダンスを踊るという滅多にないコラボもあり、会場を盛り上げてくださいました。

(咲楽荘相談員 鶴野)